montblan9.net

デザインと、趣味と、ときどきアダルト。

2013.08.18 / 

「風立ちぬ」を見てきました。

d0104438_22281622

久々のブログな気がします。

そんな久々重ねで、
先週、映画を観てきました。

宮崎駿 最新作の「風立ちぬ」です。
ジブリアニメ最新作としてのそれは勿論、巷でも大人気でしたが、
そういった点も踏まえて、
個人的に気になった点を書きたいと思います。

いつものジブリとは違う

これ、とても大事。
ジブリアニメというと、
どこか現実味が溢れる世界で起こる不思議な事柄に
主人公が巻き込まれて~、といった、
ファンタジー色の溢れる作品と感じちゃいますが。
この作品、全然違う。

人が夢を追い求めた先にあるものの話、という感じです。
そこには、何かかあいい妖精がいたりとか、
バルスとか言えば、何かが変わる話でもありません。

人が何かを成し遂げる過程を描いた作品です。

複雑ジーン

今回、この作品を見た人たちの意見は良い、悪いと賛否両論な感じを多く見受けます。
少し、そのことが気になっていたのですが、
実際観てみて、その感覚がわかりました。

先にも話しましたが、
主人公は、理想の飛行機を作りたいというひとつの願望があるのですが、
自分が生まれた時代、人、そして想う人など
様々な事が起きるのです。

しかし、それでも主人公はまっすぐに。自分の理想を追い求めるのです。

それが、羨ましくもあり、不憫にも思うし。
自分がものつくり系の仕事をしているだけあって、
より複雑な気分になりました。

それでもやはり最後の締め方にはぐっときた。

良い意味でも悪い意味でも「映画」です。

まず前準備として、ジブリだ!感は少なくして見るのがオヌヌメ。

宮崎駿の新作映画や!
て感じです。ホント、それくらい”映画”なんです。

あとはそのまま、観ればおk。
普通の邦画の印象で見れば心にしっくり来ると思います。

耳をすまして音を聞くのもいいですb
なんでも、効果音の半数は人の口で効果音を録っているそうで。

そういったところも注目すると面白いと思います。

なんか、感想もすごい曖昧な感じになってしまいましたが、
それでもオススメ風立ちぬ。

お時間あれば是非行ってみる価値ありっすよ~。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someoneShare on TumblrPin on PinterestShare on LinkedInDigg this
ジブリ映画

MontBlanc. • 2013/08/18


Previous Post

Next Post

montblan9.netの情報をプッシュ通知で受け取る

montblan9.netの最新情報やイチオシ情報をプッシュ通知で受け取ることができます。>>詳しくはこちら

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *